海外旅行の必需品 スーツケース・ボストンバッグについて考える


みんな~おはよう!こんにちわ~!こんばんみ~

よっしーMJです。

今日も、先日の「海外旅行の必需品 カメラについて考える」の第二弾!

「海外旅行の必需品 スーツケース、ボストンバッグについて考える。」と題して、話をしてみたいと思う。


よっしーもスーツケース、ボストンバッグは何個かありますが、ジャスコで買った分、ネットで買った分と色々です。


最近はインターネットをよく見るのでネットで自分の好みのものを捜すことが出来るし、安いのでほぼネットで買い物をします。



飛行機に持ち込める手荷物の規制


2009年12月から飛行機内に持ち込める手荷物への制限が変わってきつくなりました。

ですから、昔一回海外旅行して今回は二回目という人は注意しなくてはいけません。


・預ける荷物
エコノミークラスは23キロ以内のスーツケース重量
ビジネスクラスは32キロ以内のスーツケース重量


・機内持ち込みの手荷物
機内持ち込みのスーツケースは高さ55センチ、幅44センチ、
奥行き25センチで10キログラム以内。


これ規制前のスーツケースを使っていた場合、
カンタンに重量オーバーします。


昔のモノは頑丈さを第一に作られていたから
スーツケース自体が重いんです。

現地で買えるものはお土産代わりに買って旅行で使うつもりで、何でもかんでも日本で買って持っていくと、おみやげ入れただけで重量オーバーする可能性もあります。


オーバーしている分を別の手荷物として機内に持ち込むのですが当然すごく邪魔です。

こういう話をするとその辺のスーパーやデパートでこの機会だからと新しいスーツケースを買いに行かれることと思いますが、
スーツケース買うなら絶対にネットがいいです!




値段だけではなく、質が高いモノまでそろっています。




スーツ専門店ってなかなか無いですが、ネットでは自分の好みの自分にあったスーツケースを探すことが可能です。



旅の本に「地球の歩き方」という本があるのだが、とってもいい本で、よっしーのおすすめです。



色々旅行行く前に本は買ったんだけど、宣伝ばっかり入っている本やらばかりで、役に立ったな~と思える本は「地球の歩き方」だった。



以下、地球の歩き方からバッグ選びからパッキング術、荷物を準備する際の注意点を書いておくので参考にして欲しい。





のバッグ選び
自分の旅に合ったバッグを選ぼう
旅の道具の基本はバッグ。代表的なバッグの特徴を知り、自分の旅にはどのバッグが最適なのか考えて選ぼう。

バッグ選びのポイントとは
機内預けにするバッグを選ぶ際のポイントは、「丈夫さ、安全性、軽さ」の3つ。これに空港や駅における持ち運びを想定した「機動性」を加味した4点を考慮して選択しよう。

スーツケース
特徴
メリット:しっかりカギがかかり、丈夫なのでセキュリティ面で安心感が高い。
デメリット:バッグそのものが重くて大きい。機内預け荷物は重量制限があるので、バッグ自体は軽いほうがいい。

向いている旅
バスでの移動が多く、添乗員や現地係員が荷物の管理を行ってくれるパッケージツアー。
空港やホテルの往復以外ほとんど移動がない1か所滞在型の旅。
空港でレンタカーを借りて、移動はすべて車というドライブ旅行。
選択基準として最優先するのは「サイズ」
スーツケース選びは、まずサイズが重要となり、旅行日程に合わせることが第1のポイント。2~3泊程度なら55センチ(S)程度。5泊程度までなら62センチ(M)、1週間は67センチ(M)、10日までなら70センチ(L)程度、長期滞在は75センチ以上(LL)というのがおおまかな目安。

素材・フレーム・キャスターに注目
サイズ以外の選択基準は3点あり、(1)素材、(2)フレーム、(3)キャスター。ボディの素材により重量や堅牢性も変わってくる。ABS樹脂やポリカーボネート樹脂が一般的。次に、フレームはケースの背骨ともいえる重要なパーツになる。バッグメーカーは、堅牢さだけなく、軽量化するために素材に工夫をこらしている。そして、キャスターは数と走行性に着目。2輪のキャスターだと引っ張った際にスーツケースの幅がじゃまをしてしまうことがある。4輪の方がスムーズに運べる。キャスターは直径を大きくすることで走行安定性をアップすることが可能。特にヨーロッパの石畳では重宝する。現在、スーツケースは直径 50 ~ 80mm程度のキャスター付きが売れ筋。この3点を考慮に入れてチェックし、自分の旅のスタイルに合ったものを選ぼう。

アメリカを旅する場合には
現在アメリカへ渡航(ハワイ・グアム・サイパン及び各空港での乗り継ぎも含む)する場合は、航空会社に預けるバッグに施錠することができない。 アメリカ国内のすべての空港において全乗客のチェックイン・バゲージ(受託手荷物)をX線検査装置と人手による2つの方法で検査している。そのため航空会社に預ける荷物は施錠ができないことにない。そこで登場したのがTSAロック。TSAが認可した唯一の鍵で、セキュリティが厳しいアメリカでも、鍵を掛けたまま航空会社に預けることができる。TSAロックには公認マークが必ずつけられている。

ソフトキャリーケース
特徴
ファブリックなどで作られたソフトなスーツケース型のバッグに伸縮性のあるハンドルとキャスターが付いたもの。
メリット:スーツケースに比べると容量は限られるが、軽いので移動が楽。
デメリット:バッグの表面が布素材であることが多いのでナイフなどで引き裂かれ、中の荷物を盗難されるなど、セキュリティ面では不安が残る。

向いている旅
どんな旅でも対応可能。高級ホテルでもまず問題はない。

バックパック
特徴
メリット:背中に担ぐため、多めの荷物でもあまり負担を感じずに持ち運べる。また、両手があくので自由度が高い。
デメリット:高級ホテルに宿泊する際、少々肩身の狭い思いをすることもある。ショルダーストラップやキャスターの付いた3way、4wayのバッグパックも便利。

向いている旅
ユースホステルやエコノミーな宿に泊まり、あちこちを周遊する移動型の旅。
ある程度、長期にわたる旅。
ボストンバッグ(ダッフルバッグ)
特徴
メリット:肩にかけられるタイプであれば持ち運びやすい。
デメリット:荷物を収納できる容量が少ない。また、セキュリティ面で不安があるので、カギがかかるものを選びたい。

向いている旅
荷物が少ない短期間の旅。
荷物の少ない旅慣れた人。
移動が多い旅だが、バックパックには違和感があるという人。

【参考リンク】スーツケース・旅行用品通販 「地球の歩き方ストア」

http://store.arukikata.co.jp/

「地球の歩き方」



パッキング術
パッキング術の基本をマスターしよう
パッキングは、持っていくバッグによって方法が異なるが、旅の荷物のメインは衣類。なるべくしわにならないようまとめ、こわれやすいものは衝撃を避けられる位置に。そして何がどこのあるのか、わかりやすいように収納することが基本。

パッキング術はバッグにより異なる
スーツケースなどハードタイプのバッグの場合
4分割の法則:スーツケースを開け、左右上下と4分割して荷物を収納する。
(1)ふたケース上 / ハンドル側…Tシャツ、ワイシャツなど軽い衣類や雑貨
(2)ふたケース下 / キャスター側…ジーンズ、スカートなどやや重量のある衣類
(3)底ケース上 / ハンドル側…セーターや下着などの衣類、小物類
(4)底ケース下 / キャスター側…洗面道具や靴、ガイドブックなど重いもの

キャリーケースなどソフトタイプのバッグの場合
ドライヤーや髭剃りといった壊れやすいものは中心部に収納。周囲にはタオルや衣類といったやわらかいものを入れ、クッションにする。おみやげで壊れやすいものを買った場合も同様。

バックパックの場合
荷物のパッキングによって背負ったときの感覚が大きく変わってくるので下記ポイントを頭に入れて収納しよう。
(1)背中側のエリアと上部に重量のあるものを入れる。ただし、肩より上は軽く。
(2)重心は肩の稜線の少し下から肩胛骨あたりに持ってくる。
(3)左右の重さが均等になるようバランスを考えて収納する。
(4)外側に付いているポケットには、ガイドブックや雨具などを入れておこう。

機内預け荷物の置かれる状況とは
機内預け荷物は、機内の格納庫でかなりの重量がかかり、想像以上に厳しい状況下に置かれる。また、海外の空港では手荒な取扱いをされる可能性も高い。そうしたことを前提にしてパッキングをしよう。壊れものは必ずタオルなどで包み、外部からの衝撃を極力抑える。また、化粧品など液漏れする可能性があるものは、ビニール袋に入れておくことも大切。

【参考リンク】地球の歩き方webマガジン「基本のパッキング術」
http://www.arukikata.co.jp/webmag/2005/0503/sp/050300sp_03_01.html


リスト



品名
数量
予算
調達
予定
チェック
最終
チェック
貴重品 パスポート




航空券




現金(日本円)




現金(現地通貨)




鉄道パスなど




クレジットカード




トラベラーズチェック(T/C)




国際運転免許証




運転免許証




国際学生証




ユースホステル会員証




海外旅行傷害保険証




重要書類コピー




証明書用写真




家族・恋人の写真




カメラ・電気
用品
変圧器




電気プラグアダプター




カメラ




デジタルカメラのメモリメディア




カメラ用電池・充電器




目覚まし時計




腕時計




ヘッドホンステレオ




携帯電話
(カメラ・電卓・目覚まし時計代わりに利用することも可)




携帯電話用充電器




衣類 下着




靴下(ソックス)




(ストッキング)




トップ




ボトム




ドレス




オーバー・コート




スカーフ・マフラー




手袋




帽子




靴(スニーカー)




(革靴)




パジャマ




バスローブ




水着




ハンカチ




洗面具 石けん・タオル




歯ブラシ・歯磨き粉




ひげ剃りまたは化粧品




シャンプー・リンス




ドライヤー




その他 雨具




ティッシュ




アーミー・ナイフ




爪切り・耳かき




裁縫セット




スリッパ




サングラス




ヒモ・輪ゴム




ガムテープ




ビニール袋




洗剤




筆記具(ボールペン・マジック)




ノート




薬類




生理用品




オペラ・グラス




ガイドブック類




会話集・辞書類




文庫本




コップ




ナイフ・フォーク・スプーン






またまとめサイトを見ると参考になる個所がだったので同時に参考にしてみて下さい。

キャリーバッグの選び方
カレンダーと人形 by アマナイメージズ
宿泊日数で選ぶ

どのくらいの滞在日数かで、おおよそ決まる
【2~3泊の海外旅行】 Sサイズ(容量69リットルまでの小型)のスーツケースを選ぶ
出典【楽天市場】スーツケース >スーツケースをサイズで選ぶ:地球の歩き方ストア(旅行用品)
【1週間以内の海外旅行】 Mサイズ(容量70~89リットルくらいまでの中型)のスーツケース
出典【楽天市場】スーツケース >スーツケースをサイズで選ぶ:地球の歩き方ストア(旅行用品)
奥行きのある荷物を収納する時や、荷物の多い方には、軽くて外側にポケットのあるソフトキャリーバッグもおすすめ
出典スーツケース・キャリーケース選びのポイント【スーツケース&ランドセル 協和】
ただし、ソフトタイプは、水濡れに弱い、外からの衝撃をもろに受ける、防犯に弱いなどのデメリットもある

二階建てバス by アマナイメージズ
旅の目的や移動手段などで選ぶ

現地で荷物を持って移動する姿を想像してみる
ツアーで現地からはバス移動だったりする人は、やはり丈夫なスーツケースがおすすめ
出典海外旅行用のバッグ選び(スーツケースかキャリーバッグかバックパックか) | 初めての海外旅行 準備万端マップ
寒い地域に行くため、コートやセーターなどかさばる衣類を持って行く場合や、ショッピング目的の旅行で、おみやげが増えることが予想される
出典スーツケース・キャリーケース選びのポイント【スーツケース&ランドセル 協和】
出典carrybag.konjiki.jp
もっとも大切なこと

自分の身長と体格にあったサイズ・重さを選ぶこと
丈夫で安全なこと
女性であれば、いちばん小さな40Lが最もおすすめで、帰りのおみやげの分を入れても60Lくらいがちょうどよく、重さは大体3kg~5Kgくらいのものを目安に選ぶ
出典キャリーバッグの選び方はサイズと重さと安全性|キャリーバッグの選び方
40Lでも、荷造りしだいで3泊分余裕ではいる

TSAロックであればカギをかけて荷物を預けることができるTSAロック搭載のキャリーバッグを選ぶ
出典キャリーバッグの選び方はサイズと重さと安全性|キャリーバッグの選び方
海外旅行中にスーツケースが壊れると悲惨なので、丈夫であることも大事

現地で持ち歩くバッグで気をつけること
Photo by David De Lossy / Photodisc

どのタイプのバッグにするにしても、貴重品は別にしたほうが安心。ブランド品のハンドバッグなどは危険すぎる
1日中観光を続けたり、自然の中をトレッキングする時にはリュックの方がかなり楽。半日程度の街歩きだけなら、ショルダーバッグがいい
出典【世界旅行術】海外持ち物の選び方!バックパックかスーツケースか。サブバッグも - ゆめぴょんの知恵
引用元
http://matome.naver.jp/m/odai/2139710795309471001

この記事へのコメント

明らかないたずら以外を除けば、なんと100%に近い承認率 クレジットカードと違い審査が無いので、基本的に全件発行(成約)となります ■NEOMONEYのメリットとは・・・!? 日本国内で外貨両替していくよりこんなにお得!  ◆ オーストラリア・ドル⇒⇒⇒6% お得!  ◆ 韓国・ウォン⇒⇒⇒9% お得!  ◆ 香港・ドル⇒⇒⇒12% お得! NEO MONEY
マネパカード
マネパカード
ニコン デジタルカメラ COOLPIX ホワイト (型番:COOLPIXS7000WH)
ズーム撮影に強くて高画質。旅行やイベントでの楽しい瞬間を思いのままに。スリムなスタイリッシュ高倍率モデル、ニコンクールピクスS7000。